レックス
■back
2008年12月23日(火・祝)記



2008年11月3日(月・祝)に福岡県春日市のペットショップ「P3」で出会った2008/8/5生まれのミニレッキスのメスに惚れてその娘を買いました。

名前は「レックス」とつけました。

会った瞬間からこ名前が頭をぐるぐる回ったからです。

この娘はとてもやんちゃで素直で可愛い娘でした。




2008年12月14日(日)に永眠しました。




一月ほど前のことです。

僕は仕事に行こうとしており、レックスの餌と水を確認してました。



多分足りるだろうけど、念の為、もう少し水を入れてあげようとしたところ、レックスはかなり興奮して動き回っていました。

鼻をブヒブヒ言わせながら楽しそうにしてます。

ゴキゲンなんですね!



僕はレックスをベッドの上で遊ばせて小屋に戻しました。



しばらくして



バタン



と音がしました。





どうやらレックスは腰を抜かした感じでした。



レックスに「行って来るよ!」と声をかけ僕は仕事に行きました。










なんだか不安感があります…。





帰宅して小屋をみると、レックスはおすわりをしています。

なんだ、取り越し苦労だった、と、ホッとしました。




が、時間が経つにつれ、足がダランとしてきました。

なんか変だと思い、朝9時に病院に行きました。




レックスは下半身付随になってしまっていました。

抗生剤を飲ませ、毎日膀胱を刺激しておしっこをさせ、下半身をシャワーで洗ってやる生活が始まりました。

うさぎはこの事故が多いのは知っていましたが、まさかベッドの上でこんな事になるとは…

まだ小うさぎだから、ケ−ジから出すのは止めた方が良かったのでは…

といろいろ思いましたが、すでに事実は事実です。



事実を受け止め行動するしかありません。



自分も脳梗塞になって、うさぎも下半身付随。

お笑いです。

瞬間的に死にたいなと思ったこともあります。

が、この娘には僕しかいません。




少しづつ日が過ぎて行くのに従い、感じる事が変わってきました。



レックスは何事も無かったかのように元気でお茶目です。

可愛くて可愛くて。



とっても幸せだなぁと思いました!



この娘と会えて良かったなぁ!と。




だけど、12月11日(木)から急に食が細くなり「やばいなぁ…」と思いました。

元気があんまりないので、13日は念入りにシャワーをしました。




マッサージもかねてゆっくりドライヤーをしました。

初めて、ドライヤーで暴れなかったばかりか、ゴロンと横になってスヤスヤと寝息を立て始めました。



まるで人間のように!




しばらくして急に、「ハッ!」としたように目を覚まし、それから僕のところにしょっちゅう近づいてきます。

カワイイからその度によしよししたり、鼻をクンクンしました。

可愛かったです。




もう朝の7時になりました。



僕は寝て、昼に起き、仕事に行きました。



「行って来るね、レックス」





そして帰宅したら、レックスは固くなって寝ていました。



15日の夕方、穴を掘って埋めてあげました。



僕の部屋の前です。




半身不随になったとき、そう遠くないであろう死を覚悟し始めました。

でも、その中で、レックスといて本当に幸せを感じることが出来ました。



13日に気持ち良さそうに力が抜けたように寝てたときや、その後に何回も俺のところに寄って来たとき。


こいつ死ぬんかなぁとか、ふと思いました。

けど、コイツも幸せみたいだなぁと思いました。




今はペットは全く飼いたくありません。



でも、分かってるんです。

レックスを飼ってて、うさぎってホントにかわいいなぁ!って思いました。




いつか必ず、またうさぎを飼うと分かっています。



でも、マーブルが死んで、レックスが死んで、しばらくは一人がいいです。



でも、2人ともありがとう。



愛してるからね。



レックスを飼った直後です。11/3(月/祝)



夜中。



11/5(水)です。



11/7(金)。



12/11(木)です。



12/14(日)の早朝。

何回も近づいて来ました☆





■back
(C) 2005.秘密基地.All rights reserved.
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO